script type="text/javascript">

タチウオの船釣りのタチウオテンヤ





タチウオの船釣りで使用する仕掛けは天秤仕掛けとテンヤ仕掛けがありますが、阪神間の乗合船はタチウオテンヤ呼ばれる仕掛けを用います。

 
最近は、釣具メーカーがいろいろなものを出していますが基本の仕掛けは図のようなものです。

 
tenya
もともとは(イ)のように丸い鉛玉に(オ)のフック部分がついており餌を(エ)の部分に巻きつけるという仕掛けです。

 

今でも、釣具店によっては置いてあります。

 

現在ではこの(イ)の部分が魚の頭の形にしてあり、目玉をつけているものがほとんどです。

 

そして、鉛に蛍光塗料で着色してあるものが多いようです。

 

色は大半が薄緑の蛍光塗料ですが、最近では赤、金色などの目立つ色を使ったものも出ています。


今シーズンの新製品として頭部が三角錐のようにとがったものも登場しました。(写真)
tenya2

 

 

頭部の上にワイヤーハリスと結ぶための輪をつけているものが多いですが、ここをブランコのような天秤で止めたものも登場しています。
tenya3

 

 

 

(ウ)の部分には針金を30cmほど結んでおきます。

 

餌は冷凍のマイワシを使います。

 

フックの上部にくくりつけるわけですが、餌が動かないように止めておくための突起が(エ)の部分です。

 

イワシのエラの下の部分が一番前の突起あたりにくくりつけます。

 

図では突起が3本ありますが、2本のもの1本のものがあります。

 

(オ)の部分がタチウオを掛けるフックです。

 

こんな大きなものをと思われるかもしれませんがこれでタチウオを引っ掛けると考えてください。

 

大半の場合が、この大きな針がちゃんとタチウオの口にかかります。

 

最近ではこのフックが二股になったダブルフックと呼ばれるもの、このフックの変わりに錨針をぶら下げたトリプルフックのもの、(エ)の下部に更にアシストフックをつけたものなど様々なものが出ています。

 

どれも1つ400円から700円くらいで売られています。

 

それぞれのタイプがそれぞれの特徴を持っていますが、タチウオの釣りの場合はベテランの人が口をそろえて言うのがシンプルなものほど良いということです。

 

特に乗合船の場合は全く知らない人と一緒に釣りをするわけですから、お祭りなどのトラブルの原因となることはできるだけしない方が良いように思います。

 

各乗合船で錘の重さは統一していますからまず問い合わせて重さを聞いてください。

 

船によってはシングルフックのみで、ダブルフック、トリプルフックの使用を禁止している場合もあります。

 

また、テンヤは最低2つは用意しておくことをお薦めします。

 

地合を逃さず、手返しよく釣るために、手元に交換用のスペアを作っておくためです。

Comments are closed.



【買取専門店】釣具高く売れるドットコム


タチウオ釣りにも最適な日焼け止め

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン