script type="text/javascript">

船のタチウオ釣の道具 竿





タチウオの船釣りに行くに当たっての道具といえば、竿、リール、仕掛け、餌、小道具と分けることができると思います。

 
船のタチウオ釣りの竿は、テンヤを用いての釣りの場合、船によってテンヤの号数が統一されますから事前に問い合わせて聞くのが一番良いでしょう。

 
一般には船釣りの場合3m前後の竿が使われることが多く、タチウオに喰い込ませかけるには胴調子のものが使われていたようです。

 

最近は魚種を限定した竿が売り出されるようになっていますが、魚種ごとに竿をそろえていくのも大変です。

 

ここで紹介している大阪湾のタチウオ釣りは40mから60m付近の釣りですから、扱いやすく持ち重りのしない竿を選ばれると良いと思います。

 

これもまた最近の流れですが、2m前後の短めの竿がたくさん出ています。

 

私も205cmの竿を使っていますが、これは浅いとはいえ、50m平均の水深から錘40号(150g)を上げ下げするわけですから短い方が持ち重りはしません。

 

釣具屋にいくと最近は船のタチウオ釣り用の竿を並べてあります。

 

先調子で胴が固めの竿は合わせ調子と呼ばれていますが、食い渋りの時の送り込みなどの扱いがなれないと難しいかもしれません。

お薦めは7:3から6:4くらいの調子で掛かると胴に乗るようなタイプの竿が良いかと思います。

 

お小遣いに余裕のある方は
ダイワ(Daiwa) 極鋭73 200(I)
ダイワ(Daiwa) 極鋭73 200(I)

 

このクラスか、専用竿である
ダイワ(Daiwa) A?トリガー ライトタチウオ 195
ダイワ(Daiwa) A?トリガー ライトタチウオ 195

などを購入されても良いかもしれません。

 

 

私はメーカーのテスターでも何でもありませんので専用竿よりは兼用竿ということになります。

 
現在使っている竿がだめになれば、極鋭73が欲しいと思っていますが、、、、、

 

ただ、これから竿を購入し、船釣りを続けていきたいと思っている方へのアドバイスとしてはあまり安い竿は買わないようにした方がよいということ。

 

自重が大きいですし、ガイドなどの付属品もよくないので結局買い換えることになります。

 

できれば1万円以上の竿を購入されることをお薦めします。

 

私が使っている竿は
ダイワ(Daiwa) リーディング XA73
ダイワ(Daiwa) リーディング XA73

 

メーカー品ですが、新製品ではないので割引率も他よりはよいです。

 

タチウオ釣り以外にも、イカ釣り、たまにはキス釣りにも使います。

 

7:3の調子ですが、胴に乗りますし、食い渋った時送り込む操作性もトリガーがついているので楽ですし、やわらかいので食い込みも良いです。

 

合わせは少し大きめに入れなければなりませんが竿が短い分シャープに入れることができます。

 

タチウオが向こう合わせで一気に餌を持っていくようなときにも胴のしなりで針掛かりさせることができます。

 

結論としては、最終的には竿の調子は好みですが、これから始める方には、7:3調子でやわらかめ、胴に乗るタイプの2m前後の竿をお薦めいたします。

Comments are closed.



【買取専門店】釣具高く売れるドットコム


タチウオ釣りにも最適な日焼け止め

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン