script type="text/javascript">

船のタチウオ釣の道具 リール





船のタチウオ釣りに用いるリールは中型の両軸リールが良いでしょう。

 
水深が40mから60mで、30号から40号の錘を掛け、最大1mを超すタチウオを釣り上げるためには巻き上げの力がある程度あり、使用する糸が150mくらいは巻いておける必要があります。

 

PEラインで2号から3号、ナイロン糸で5号程度を巻きますから小型では少ししんどいと思います。

 

潮の流れの影響を考えると細い方が良いのですが、強度からいっても最低上記の号数が必要ですから、PEラインをお薦めします。

 

PEラインは3本縒りが主流ですが、4本縒りのほうが強度は増します。

 

といっても高価になりますからさほどこだわることはありません。

 

乗合船でのタチウオ釣りの場合は、潮の流れによってはお祭りの可能性が非常に高いので道糸が切れる場合があります。

 

海底までが60mとすると100mも巻いてあれば大丈夫と思われるかもしれませんが、道糸が高切れすることも考えて150mから200mくらい巻いておくことをお薦めします。


タチウオの習性として、海底近くから20m以上も上まで捕食の棚を持っています。

 

船長から「底まで**m。 底から@@m」といった指示が出ますから、使用するリールはカウンターつきのものが良いでしょう。

 

お手軽なものとしては
ダイワ(Daiwa) タナセンサーS250DX 早技
ダイワ(Daiwa) タナセンサーS250DX 早技

があります。

 

リールも竿と同じく、軽量化が進んでいます。

 

それと、釣りをしていると感じることなのですが、リールを巻いているときのハンドルの遊びが気になります。

 

巻いたつもりが遊びがあってスムースな巻取りができないなど不満が出てくるのです。

 

ですから、リールも最初から良いものを買われるほうが良いと思います。

 

カウンターがついているものはついていないものと比べると重量が大きくなります。

 

慣れてくると道糸の色で水深がわかるようになりますからカウンターなしのものを買うのも一つの手です。

 

船でメバル釣り、キス釣り、アジ釣りなどをされるのならカウンターなしにしておいても良いかもしれません。

 

一般に船つり用のPEラインは、10mごとに色が変わっており、1mおきに目印がついています。

 

それと、リールのハンドル一巻きの長さ(だいたい60cm~70cm程度)を覚えておいて対応しています。

 
カウンターなしなら
ダイワ(Daiwa) スマック レッドチューン 100R
ダイワ(Daiwa) スマック レッドチューン 100R

 
シマノ(SHIMANO) カルカッタCONQUEST(コンクエスト) 300F
シマノ(SHIMANO) カルカッタCONQUEST(コンクエスト) 300F

 

 

など、このクラスなら使用感も満足できますし、長持ちもするでしょう。
カウンターつきの上位機種となると
ダイワ(Daiwa) ミリオネアICV 100R
ダイワ(Daiwa) ミリオネアICV 100R

 

がお薦めですが、費用から考えると、カウンターなしで練習しても良いのではないかと思います。

 

また、他の深場の釣り(鯛、イサキ、イカ、河豚など)をされるのであれば電動リールの検討をされても良いかもしれません。
ダイワ(Daiwa) シーボーグ 300FB
ダイワ(Daiwa) シーボーグ 300FB

 

が人気の高い種となりますが、新製品の
ダイワ(Daiwa) シーボーグ300メガツイン
ダイワ(Daiwa) シーボーグ300メガツイン

のほうが機能的にも、重量的にも充実しています。

 

 

私としては、40号のテンヤで60mくらいであれば、電動リールをつけるよりは全体重量の軽くなる手巻きリールでもう少し頑張りたいと思っています。

Comments are closed.



【買取専門店】釣具高く売れるドットコム


タチウオ釣りにも最適な日焼け止め

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン