script type="text/javascript">

タチウオの船釣りの基礎知識‐タチウオの呼び名





タチウオは漢字で書くと太刀魚。

 

字のとおり、その外観が刀に似ていることから太刀魚と名づけられた説と、立ち泳ぎをしているからタチウオと名づけられたという説がありますが、どちらともいえません。

 
ただ、タチウオが泳ぐ姿を昔の人が見たとは思いにくいので、前者の特徴ある銀白色の体の形からついたと考えることにしましょう。

 

地方での呼び名としては、カタナ、サワベル、シラガ、タチ、タチオ、タチヌイユ、タチノウオ、タチノヨ、タチュオ、タチンジャ、ハクヨ、ヒラガタナ、サーベル、ダイトウ、タビノヒモなどがありますが、あまりピンと来るものがないのは何故でしょう。

 


関西では、タチ、大型をドラゴンなどと呼んでいます。

 

英語圏の呼び名では  saberfish(サーベル)、cutlassfish(剣・刃物)、scabbardfish(刀のサヤ)、ribbonfish(リボン)、bandfish(バンド・ベルト)hairtail(毛のように細い尻尾)、silverfish(銀色)、snakefish(ヘビ)など、なるほどなぁと思うものも多いようです。

 
こうしてみると、英語圏でも外見から命名しているようで泳ぐ格好からの命名はないことから「刀に似ているから太刀魚」でよいのではないでしょうか。

Comments are closed.



【買取専門店】釣具高く売れるドットコム


タチウオ釣りにも最適な日焼け止め

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン