script type="text/javascript">

2016タチウオ釣りシーズンイン





今年も大阪湾の船の太刀魚釣りが始まりました。

例年、シーズン当初はタチウオの活性も高く、大型も多いので待ちわびている人も多いのではないでしょうか。

タチウオのテンヤ釣りは大阪湾独特のものでしたが、瀬戸内海全域で定番となり、釣具メーカーもテンヤ釣りに特化した竿を投入するなどその人気の程が伺えます。

釣り方も、もともとは食い込みの良い竿で、タチウオが餌に食いつく前あたりでも違和感が少ない軟調子の竿で本あたりを待つ釣り方が主流でしたが、昨年あたりから、前あたりの段階で、送り込み合わせを入れる掛け調子の竿が発売され人気を集めました。

昨年は、発売後すぐに品薄になりました。今年も、その傾向は続くようで、シーズンが盛期になり、タチウオが擦れてくると、この掛け調子の釣法に軍配があがる可能性が高いと予想されます。

釣具屋によっては早くも、この竿が売り切れているところもあるようです。楽天ではまだありましたね。

乗せ釣り、掛け釣りどちらにするかは好みの分かれるところですが、釣果を上げるために、両方の調子の竿を準備しておく人も多いようです。

もう一つの流行として、ワイヤーハリスを用いず、ナイロン(フロロ)ハリスを用いるというものがあります。

これまでは、テンヤを購入すると、50cmくらいのワイヤーのハリスが一緒についており、道糸につけリーダとしていましたが、同じく昨年あたりからこのはりすを10号から12号くらいのナイロン(フロロ)ハリスにし、1.2mから一尋くらい取ることが広まりました。

ワイヤーに比べて食いが良くなるというのですが、私は少し疑問を持っています。

浮き釣りの時のように、潮の流れに自然に餌を載せて釣るのとことなり、50号の重さのテンヤをぶら下げているわけですから、それほど抵抗が大きくなるとは考えられませんし、タチウオの歯が当たれば、12号くらいのナイロンハリスはひとたまりもなく切られます。

もし、ハリスにケミ蛍や、集魚用の飾りをつけるなら絶対にワイヤーハリスをお勧めします。

もし、そういった付属品を付けないなら、PEラインの先に3mから5mくらいナイロン(フロロ)でリーダーを付けることは、トラブル防止対策としてはおすすめできます。タチウオ釣りでは、たくさんの釣り人が乗り合わせ、お祭りはしょっちゅう起こります。その場合、絡むのは仕掛けから上の5mまでくらいで起こることが多いので、PE同士の絡みと比べるとどちらかがナイロンであると解消がスムーズに行えるからです。

私は、ワイヤーハリスの上に3mほどナイロンハリスでリーダをとっています。

タチウオ釣りはシーズンインしたばかりで、今年の予測はまだ立てにくいですが、例年よりスタートが早かったように思います。このまま新しい群れがどんどん入ってきてくれれば楽しめることと思います。

初心者の方は、出来ればこの時期に入門することをお勧めします。

この記事にコメントする



【買取専門店】釣具高く売れるドットコム


タチウオ釣りにも最適な日焼け止め

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン