script type="text/javascript">

タチウオ船釣り テンヤ考





タチウオのテンヤ釣りのメリットの一つに、針が大きいのではずしやすく手返しがよいということがあります。

 
この針が大きいということは、タチウオを餌で釣るのではなく、餌を食べようとするタチウオを引っ掛けるのだということを理解しておかねばなりません。

 
サンマなどの短冊をえさに釣る場合は、切り身の端に食いつき、その後に針の部分まで食い込んできます。

 

テンヤの場合は、コツコツという前アタリの段階で仕掛けを上げてみると、尻から下の部分に傷が多く、時には尻尾だけなくなっています。

 

締め込みがあった後、仕掛けを上げてみると腹部から下がぼろぼろになっていることが多いです。

 
タチウオが掛かっている場合は、針が口の中に掛かっていることより、タチウオの頬に掛かることが多いのです。

 
このことからも餌を食べようとするタチウオを引っ掛けるのだということが理解できると思います。


タチウオがイワシ等の小魚を捕まえるとき、まずは尻尾などに噛み付き弱らせます。

 
その時に生きている餌だと咥えたままで泳ぎ、水流で口の中に魚を押し込むように口を開くようです。

 
生きの良い餌だと、口をあけると逃げられるからだとも言われています。

 
このように尻尾などをかんだ後で高い確率で腹部に噛みついてきますから、早合わせをすると喰い切られてしまい、鈎掛かりしないのです。

 
頭から小魚を飲み込むか、尻尾から飲み込むかは意見の分かれるところですが、最初から小魚を丸呑みする他のフィッシュイーターとは異なった捕食の仕方であることは間違いありません。

 
まずは餌のいわしが弱っていても生きているかのように(?)尻尾の部分がひらひらと動くような餌のつけ方をしましょう。

 
かといって、テンヤにくくりつけたイワシがすぐに取れてしまうようでも困ります。

 
餌のつけ方では、掛け針にいわしを通すつけ方をご紹介しましたが、購入したテンヤと異なることもあるでしょう。
tenya
図のようにAからDまですべてついているようなものも多いのではないかと思います。

 
トラブルを避ける意味ではできれば(D)のフックは切り取っておいてください。

 
これがついているからといってここにタチウオが掛かることはまずありませんし、違和感を催すことになりかねません。

 
市販の仕掛けでは A 、B 、C のうち、2本、ないしは3本のものが多いと思います。

 
この時は、一番後ろの固定するための突起がいわしの肛門辺りになるようにいわしをくくりつけてください。

 
針金は頭部と肛門より下辺りを巻き、できるだけ腹部のは巻かないようにしておきます。

 
尻尾はまっすぐ伸びるようにし、しかもひらひらと動くようにしておきます。

 
これで、食いが渋く掛かりにくいようでしたら、もう少し針に沿わせて尻尾を下向きになるくらいに巻きます(この場合も尻尾の先までは止めず、ひらひらとするように)。

 
そして、早めの合わせを入れてみます。

 
要は尻尾辺りをかんでくる前アタリを取ろうというものです。

Comments are closed.



【買取専門店】釣具高く売れるドットコム


タチウオ釣りにも最適な日焼け止め

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン