script type="text/javascript">

タチウオの船釣り 釣り方シンプル考(シモリ玉について)





船釣の場合、自分の道糸がどこに入っているかの目印にシモリ玉をいれる人が多くなりました。

 
浅場を狙う場合は邪魔にはなりませんが、深場を狙う場合、また潮の流れが速い場合はこれが周りの人とお祭りをする原因の一つとなっています。

 
道糸を通す穴が大きく糸が細くて抵抗が少なければ仕掛けを水中に入れて仕掛けを下ろして行くときにシモリ玉が常に水面にあればさほどでもありませんが、ほとんどの場合はシモリ玉も道糸に引っ張られて水中に入っていくことが多いように思います。

 
潮が速く流れていると、その抵抗によってどんどん流され道糸が出て行くことになります。

 
最終的には水面に浮いてくるにしても道糸のふけはかなりのものがあります。

 
これを巻き取るわけですが、この時すでに他の人の道糸と交差しているようなことは多いのです。

 


omaturi1
シモリ玉を使う人はその効用として仕掛けの巻き込みすぎの防止兼、竿の先の防御をあげる人もありますがこれは他にも方法はあります。
私の場合は、ゴム管を道糸に通し、道糸と仕掛けのつなぎ目に固定するようにしています。

 
サルカンを使う場合はサルカンにはめ込めば固定できますし、巻きすぎの防御、穂先の保全にもなります。

 
潮の抵抗もサルカンと同等ですからさほど影響されません。

 
釣りのときは自分ひとりでトラブルのは仕方ないと思いますが、周りの人に迷惑をかけることのないようにしたいものです。

 
特に乗合船に乗る場合、人気の釣り物の場合は釣り座も狭くなるものです。

 
タチウオの船つりは深場を狙う釣りでもありますから気をつけましょう。

Comments are closed.



【買取専門店】釣具高く売れるドットコム


タチウオ釣りにも最適な日焼け止め

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン