script type="text/javascript">

電動リールを使った船の太刀魚釣り





釣りという趣味がメジャーになり、
釣り人口が増えてきましたので、メーカーも次々と新製品を出してきます。

船釣りではラインはPEラインが主流となり、
タックルもライトタックルというのが主流となってくると
PEラインの号数もかなり細いものまででき、
強度も上がってきました。

一昔までは、青物やタチウオなどはPEでも最低3号といわれてきましたが、
最近は1号から2号で釣る人も多くなっています。

道糸は細いほど、潮の流れの影響は受けにくいので、
最近の太刀魚釣りでは1.5号から2号が標準といっても良いでしょうね。

電動リールも軽量化、小型化が進み、
以前は300番台が最小でしたが、
最近では150番台まで小型化しています。

太刀魚釣りだけのために電動リールを購入するのでは
コストパーフォーマンスが悪いので、
鯛釣りやハマチ、メジロ釣りも兼ねて、
200番あたりの電動リールに、2号のPEを
200m巻くことをお勧めします。

お勧めのリールはダイワ(Daiwa) シーボーグ 150J-DH


ダイワ(Daiwa) シーボーグ 150J-DH

ダブルハンドルのほうが使いやすいと思います。

このタイプなら、瀬戸内海から和歌山あたりの釣りに適用できると思います。

電動リールを使用する場合は、電源が必要となります。

船によっては共用の電源を備えている場合もありますが、
ない場合は自分でバッテリーを持っていくこととなります。

こうした電動リールの場合は、荷物が多く、重くなるという
ディメリットがあることは理解しておきましょう。

リール自体も重たいので、竿の持ち重り感が増すことも
ディメリットです。

メリットは自動巻上げ機能と、
仕掛けの回収時の巻上げの楽さですね。

手巻きだと私のようなロートルには
厳しいものがあります。

巻き上げスピードは釣り方のところでも述べたように

非常にゆっくり(1巻きを10秒くらいかける)、
ゆっくり(1巻きを数秒)
普通(1巻きが1秒)
早巻き(1秒に2巻き以上)
を基準に、電動リールの巻き上げ速度を設定します。

電動リールの場合数字で表しますが、
メーカーや型番によって同じ数字でも
スピードが異なりますので、
自分のもので設定するのがよいですね。

電動リールの種類によっては
しゃくり巻き機能などもついたものがありますから、
使ってみるのも面白いかもしれません。

この記事にコメントする



【買取専門店】釣具高く売れるドットコム


タチウオ釣りにも最適な日焼け止め

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン