script type="text/javascript">

タチウオの船釣り テンヤ仕掛けの釣り方(基本)





船のタチウオ釣りに出かけるときのシュミレーションです。

 

出船前30分くらいには船着場へ着きましょう。

 
乗合船の場合は釣り場は先着順だったり、船長が決めたりといろいろですが、釣り座に着いたら隣の人には挨拶をしましょう。

 

そして、釣り座のセットです。

 
竿受けの取り付け、必要な小物の整理、竿の準備くらいは河岸払いまでにしておきたいものです。

 

船が動いている間は細かい作業をすると船酔いの原因にもなりますから、釣り場につく間は、まわりの景色を楽しむくらいの余裕を持ちたいものです。

 

大阪湾の釣り船の場合は餌込みで料金が設定されている場合が多いですから、餌は釣り場近くになって配られることが多いです。

 

餌が配られたら予備のテンヤを含めてイワシを括り付けましょう。

 

竿に仕掛けを取り付けるのは直前になって行う方がトラブルを避けることができます。


釣り場に着いたら船長から「やってー」の合図があります。

 

このとき、できるだけ遅れないように仕掛けを投入しましょう。

 

タチウオ釣りの場合は他の小物釣り(メバル、アジなど)と比べて水深のあるところを狙います。

 

潮の流れがあるときは、投入のタイミングがずれるとお祭りの原因となります。

 

船長から「水深**m、底から**mくらいまで」という指示があると思いますので、着底したら、1、2mくらい(ハンドル3巻きくらい)巻いて、誘いに入ります。

 

テンヤ仕掛けの釣りの場合は、天秤仕掛けなどと異なり基本の釣り方はゆっくり巻き上げる(ハンドル1回転が15秒から20秒)ことです。

 

最初は船長から指示があった棚までは探って見ましょう。

 

朝一番はタチウオの活性があがっている時間帯でもありますから、1回転2秒くらいで巻いてもあたりがある場合が多いです。

 

棚をつかむまでは広い範囲を探る必要があります。

 

タチウオは群れを作っており、餌の小魚を追って移動します。

 

群れは上下10mくらいに渡って広がり、下ほど大物がいるといわれています。

 

もちろん下から餌を追いかけてかなり上まで来ることがありますから最初にあった当たりの棚を見極めておくことが大事です。

 

あたりが出たらその棚の位置を覚えてください(底から**mとか、カウンターで**mとか)。

 

次からはその棚の前後10mくらいをゆっくり探ることになります。

 

竿先はできるだけ下げて巻いていきましょう。

 

タチウオのあたりの出方は様々です。

 

いきなり竿先を引き込むようなあたり、コツコツと穂先を叩くようなあたり、テンヤの重みでお辞儀をしていた竿先がフワッと軽くなるようなあたりなどいろいろです。

 

それぞれのあたりの特徴をつかんで合わせてください。

 

合わせは大きく強くしますので、竿を上向きにせず竿先を下げて巻くことをお薦めします。

Comments are closed.



【買取専門店】釣具高く売れるドットコム


タチウオ釣りにも最適な日焼け止め

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン