script type="text/javascript">

タチウオの船釣りの棚取り





タチウオは一日の中でも棚が変わります。

 
最初は底まで落とし、ゆっくりと巻きながらタチウオのあたりが出る棚を探す必要がありますが、一度あたりがでれば、その棚を覚えておいて、その上下10mくらいを重点的に探ります。

 

1尾釣り上げれば、仕掛けを変えて、底まで落として再度探る必要はなく、前の棚の下5mくらいで落とすのを止め、ゆっくりと巻いてあたりを探ります。

 

これができれば手返しは早くなります。

 
しかし、時間がたって同じ棚であたりが出なくなったら棚を探りなおす必要があります。

 

一般的にはタチウオのあたりが出る棚はだんだんと上に上がっていく傾向がありますが、大物は下にいることが多いです。

 

ですからもう一度底から取り直す方が良いでしょう。


タチウオの活性が高い時は仕掛けを落とすときにサミングしながら落とすスピードを加減すると落としている途中であたりが出ることがあります。

 

このような場合は落とすのを止めるのではなく、更に落とすスピードを緩め、いったん止めてゆっくり巻き上げるような誘いをするとあたりが出続け、締め込む様なあたりを出すこともあります。

 

基本的にはゆっくり(10秒で一巻き)巻きながら、棚を探るしかありません。

 

同船者が釣れていれば、棚を尋ねてみましょう。

 

ベテランの人ほど快く教えてくれると思います。

Comments are closed.



【買取専門店】釣具高く売れるドットコム


タチウオ釣りにも最適な日焼け止め

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン