script type="text/javascript">

タチウオの船釣りの誘い





タチウオの船釣りにおいて誘い方は様々です。

 

基本的にはゆっくり巻くことが誘いです。

 

テンヤでのタチウオ釣りの場合は、餌がイワシを1尾丸々つけていますから、天秤での餌釣りなどとは誘い方が異なります。

 

天秤釣りの場合は、シャクリで誘います。

 

竿先を海面から頭上へ持ち上げ、餌のサバやサンマの切り身を小魚のように躍らせタチウオを誘い、アタリを待つ方法が基本となります。

 

テンヤの場合はこれをすると、テンヤが水中で踊り、ハリスにテンヤが引っかかったりするトラブルの原因になることがありますからあまりお薦めできません。

 

ただ、相手が生き物ですからこれではだめというものはありませんからいろいろ試して見ることはやぶさかではありませんが、周りの人の迷惑になることだけは避けてくださいね。

 

天秤釣りでもテンヤ釣りでも同じことが言えますが、タチウオの活性が高い時は速い誘いでもあたりが出て、一気に食い込むことが多いです。


活性が低い時は、総じてゆっくり目の誘いを心がけ、喰いつくのを待つということになります。

 

コツコツと細かいアタリが出るが本アタリが出ないことが続く場合は、巻き上げるのを止めて竿をゆっくりと頭上まで上げ、すっと海面まで落とし込んでやるなどのそれまでと違う誘い方をしてやるなどの変化をつけてみましょう。

 

イメージとしては餌のいわしが嫌がって反転して逃げるようなアクションです。

 

これで食いついてくるようなアタリがでることもあります。

 

確かにいわしを咥えているようなのに締め込みがないような場合は、この送り込みをすると本アタリになる場合もあります。

 

一般に小型のタチウオほど一気に食い込みますが、大物になるほど当たりは小さく、餌のとり方も巧妙なようです。

 

手元に来るようなあたりだけでなく、竿先にでるアタリにも気を配っておく必要があります。

 

送り込みのコツとしては、
1.ゆっくり巻いているときに、穂先に前アタリとなるような小さなあたりが出たら巻くのをとめ、竿をゆっくり揚げながら更なるアタリをまつ。
2.穂先を軽く押さえるようなあたりが出たら、穂先を水面近くまで下ろす。
3.本アタリが出ればもちろん合わすが、小さなアタリでもここで合わしてみる。(テンヤ釣りの場合は、大きな掛け針で引っ掛ける要素も持っていますから、ここで掛かることも多いのです。これで掛かったタチウオは大型の期待が持てます。)
4.もし4,5秒待ってもあたりがないようなら、再度ゆっくり巻き始める。

 

これは一つの例ですのでいろいろと試して見てください。

 

その日のタチウオの活性によっていろいろな工夫は必要と思います。

Comments are closed.



【買取専門店】釣具高く売れるドットコム


タチウオ釣りにも最適な日焼け止め

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン