script type="text/javascript">

タチウオの船釣り-タチウオテンヤ餌(イワシ)のつけ方





タチウオの船釣りでテンヤを用いる場合は餌はほとんどの場合冷凍のイワシです。

 
凍った状態でテンヤにくくりつけるのは大変ですが、完全に解凍してからでは身がぐずぐずになってしまいます。

 
できれば、魚屋やスーパーで新鮮なイワシがあれば買って行きましょう。

 
テンヤの種類によって若干えさのつけ方は異なりますが、最もシンプルなシングルフックで餌止めが1本の場合のつけ方です。
tenya5
えさのイワシの肛門辺りからフックの先を尾っぽの方に向けて突き刺し、シリビレの当たりに抜きます。

 

そうするとイワシのエラの下はしあたりが餌止めの当たりに来るはずです。

この状態で針金を巻きます。

 


harigane針金はテンヤを購入した時についていますが、何度もえさを巻いていると切れる場合もありますのでスペアーを持っていくことをお薦めします。

 
針金の巻き方は、(a)の部分の頭はしっかり固定します。
tenya6
(b)の腹部分、(c)の尻部分はずれない程度に軽く巻き、余分な針金は切り取っておくと良いでしょう。

 
あまり長すぎるとえさの取替えなどにトラブルを起し、手返しが遅くなりますから、最初からついている針金は少し長めになっていますから調整してください。

 

餌が少しでも自然な状態でアピールできるようにと考えると(c)から後ろの尾びれの部分は固定せず、水の中で揺らめくような感じをイメージしてくくりつけてください。

 

餌のイワシがいきが悪く、目立ちにくい時は、針金の半分ほどに発光パイプなどを通し、イワシの頭部に巻きつけるなどの工夫も可能です。
東邦産業 夜光パイプ
東邦産業 夜光パイプ

 

 

ただ、これは釣り場ではできる作業ではありませんので事前に準備しておくことが必要です。

 

タチウオテンヤのスペアーを持っていっている場合は、片方はパイプ使用、片方は針金だけにしておくなど差をつけておくとその日の傾向がはやくつかめます。

 

他のタイプのテンヤの場合はイワシにフックを通さず、上のイワシ止めにイワシを刺し、針金で巻いて固定する異なります。

 

その時の注意事項も同じで、尻尾までぐるぐる巻きに止めるのではなく、尾びれがひらひらと漂うようにしてください。

 

タチウオ釣りを実際にしてみるとわかると思いますが、あたりがあってえさを点検して見ると尻尾の部分だけ食いちぎられているようなケースがあります。

 

こうした場合はすぐに餌を交換するようにしましょう。

 

えさの小魚のひらひらと漂う様が演出できなければタチウオにアピールすることはできません。

Comments are closed.



【買取専門店】釣具高く売れるドットコム


タチウオ釣りにも最適な日焼け止め

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン