script type="text/javascript">



船からのタチウオ釣りについて

ドラゴン タチウオを釣りのターゲットとして好まれる方は非常に多いと思われます。

初秋から晩秋にかけては防波堤からでも手軽に狙え、
食べておいしい魚なのでファンも多いですね。

釣り方も昔からの防波堤からの浮き釣り、タチウオテンヤの引き釣り、
船で海上に出て、テンヤでの船釣りから、
最近の流行の防波堤からのルアー釣り、
船からのジギング、ライトタックルでの餌釣りと様々なスタイルが生まれています。

防波堤からのタチウオ釣りは、
足場の良い防波堤、釣り公園などの岸壁からの釣りなので、
手軽で安全。初心者やファミリーにも取り付きやすい釣りと言えると思います。
シーズンインして、地合さえ逃さなければ坊主はないでしょう。
しかし、地合を逃したり、シーズンインする前とか終わりかけ
というときはやはりそれなりのテクニック、経験が必要となります。

このサイトでは、主に船からのタチウオ釣りをご紹介しますので、
もし、陸ぱりで、タチウオを数釣りたいと考えていらっしゃるのであれば、

太刀魚釣り名人、山口正信のタチウオ必釣法

をお勧めします。

山口さんはタチウオの引き釣りと呼ばれる釣法の名人ですので、
釣果が上がるのは間違いないと思います。

タチウオはご存知のように長細い魚ですので、
全長で大きさを表すより、その幅で大きさを表します。
指3本とか指4本とか言う風に。
(私などは指が太いので人と比べると同じ指3本でもかなり太いとは思うのですが。。。)
指4本を越えるとほとんど全長は1mくらいあります。
こうした大物はやはり岸からよりも沖に出ないと狙えません。
また、タチウオは夜行性なので昼間は沖の深場に潜み、
夜になって浅場に餌をとりに来るようなので
日中に防波堤からという訳には行きません。
深場であれば日中でも餌を捕食しますので
釣りをする時間帯が日中であったり、
大物タチウオをターゲットとして釣りをする場合は、船で出ることとなります。

1mを超え、指5本以上ともなると顔もすっきりとした形から、
おでこの張ったいかつい顔つきに変わります。

釣り人はドラゴンと呼び、
これを釣りたいためにシーズン中足げに通うのです。

関東では比較的水深の浅いところで朝方から釣れるようですが、
関西では最低でも40mくらいの水深のあるところで釣ります。

釣り方も天秤仕掛けで秋刀魚や鯖の切り身を使う釣り方は関東に多く、
関西では和歌山の一部で天秤仕掛けで釣るようです。

私の住む阪神間では大阪湾から西の瀬戸内で釣ります。
こちらでは最近ジギング船が出るようになりましたが、
ほとんどがタチウオテンヤを使った釣りとなります。

このサイトでは、私の良く行くタチウオテンヤを用いた
船のタチウオ釣りについてご紹介していきます。

タチウオの船釣りは、活性の高い時は、
簡単な釣り方で向こう合わせで釣れますので
船釣りの初心者の入門にも適しているといわれが、
年々、太刀魚の数も減り、早くから狙う船も多くなって、
だんだん釣りにくくなり、難しさも出ています。

もともと、スポーツ新聞や、遊漁船の釣果報告サイトで表示されている釣果は、
その船での最多数が表示されていることが多く、
その竿頭に近い数値を釣るには、仕掛けの工夫から釣り方まで奥深いものがあります。

side11
釣り人はこの工夫が楽しくていろいろ試します。
このサイトでは私の工夫を紹介しながら、
皆さんの釣りの工夫の一助になればと思います。

あなたの太刀魚釣りの釣果と安全を祈って

貴方を守り叶える 究極の開運ツールをご紹介!

この記事にコメントする

タチウオの船釣りに関するお問合せ

ご質問、ご要望があれば以下のフォームより送信してください。

 

できるだけお答えするようにはしたいと考えていますが、ご返事を確約するものではありませんのでご了承下さい。

 

お名前(必須)




メールアドレス(必須)




件名




お問合せ内容








Comments are closed.

サイトマップ

この記事にコメントする



【買取専門店】釣具高く売れるドットコム

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン